プロフィール

フォトアルバム
料理長

『割烹やま』の山内です!
ぐるなびをご覧の皆様に、
少しでも『割烹やま』について知って頂こうとブログをスタートさせることにしました。
インターネットは初心者です。。。(^^;)
情報発信がんばります!
よろしくお願いします!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月 6日 (日)

丹波産いのしし

丹波といえば、栗、松茸、黒豆ですね

すべて、ブランドですね。その美味しい作物

を食べまっ喰ってるのが、いのししです。

地元で調理する、(本物)は100キロのいのししのモモだけです。

しかも分厚いカットの仕方で食感を味わうのです。

どれだけ炊こうが堅くならないのが、特徴です。

だから厚くカットしても柔らかいのです。

そこで・・・・大阪で(今では丹波でも)食べるいのししのは薄く機械で切った冷凍の奴ですよね。

しゃぶしゃぶぐらいうすいですよね・・・なぜ?


昔、江戸時代は、いのししは、神からの贈り物で

12月の初雪の時に(当時日本は、四本脚の動物は食べない)食糧不足でいのししを食べたらしい。

そう神様が許した唯一の四足の食量だったんです。

民は感謝して冬を越した。という歴史的革命の食材

なのだ。海のない丹波地方には魚がなくたんぱく質が

なく、いのししは命の源と当時いのししは作物を食べまくりで、被害もすごかった。

なので、いのししは100キロを超える大きなもの

が多く、お腹は、当時の人間には、脂が強くそして

腹を切る事も縁起が悪くモモだけ食べたという~

厚切りにしたモモ肉を赤みその出しでじっくり炊いて

召しあがってください

大阪では当店だけではないでしょうか?

厚切りのいのししは

お試しあれ~


2009年12月 1日 (火)

お昼の忘年会、接待、顔合わせなど受付中~ 

お昼も忘年会のコース受付中~です。

夜は、これない方、子供連れ方に

おすすめです。騒いでも大丈夫です。

後、接待も受け付け中~です。

こちらは個室でゆったりと商談。

顔合わせ、お見合い、何十回もやって

ますので是非!

お気軽いお問い合わせください・


お節料理、ふぐの配送、うけたまります。

上本町 やま のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
上本町 やま