2019年10月からの消費税増税に伴い、価格が変更になっている場合があります。ご来店の際には事前に店舗へご確認ください。

プロフィール

フォトアルバム
料理長

『割烹やま』の山内です!
ぐるなびをご覧の皆様に、
少しでも『割烹やま』について知って頂こうとブログをスタートさせることにしました。
インターネットは初心者です。。。(^^;)
情報発信がんばります!
よろしくお願いします!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 野菜会席・・・御来店 | メイン | 亀の手、目ヒカリ~ »

2010年4月16日 (金)

ハモの走り~が出てきました。

ぼちぼちと市場には徳島産のハモが出てます。

ハモの話は何回も書いてますが、なぜ京都に、ハモが・・・

それは、京都には生の魚がなく唯一生きて運べた魚がハモなんです。

ハモは生命力が強く海からそのまま一昼夜歩いて京都まで運んでも

生きてたって話。だから、暑い京都の町にはハモの落としを梅肉で

酢味噌でさっぱりと味わう~。

関西ではやはりハモ鍋が盛んです。なぜ・・これは、京都は武家、

大阪は大衆から始まったから、やはり武家は毒身がつきもので

鍋は食べないんですね。~一方大衆は鍋をかこむ、(毒身)がいらない

からね。

で鱧、って漢字。まず米の豊作を願って・・そして鱧の生命力の強さから

無病息災で豊かに!からつけられた。ちなみにハモは、歯がするどく

タモをやぶる事からタモ、タモ。ハモになったとか。

まず美味しいハモ、一位は実は韓国2位は淡路3位は徳島なんですが

料理法とハモ事態の見分けによって味がとても違う~まったく違う・

だから順位は腕しだいですね。

オスとメスでも味が違う。まったく違う~けれど一般では捌く事が

ないし、魚屋もしらないので書くのはやめます。

産地、時期、オス、メス、大きさによって味が違うハモ

やまでは水槽で泳ぎハモをシーズン1000本捌きます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/569663/28703201

ハモの走り~が出てきました。を参照しているブログ:

コメント

1位が韓国、というのが何だか意外でした(*^^*)

ハモ、わたしは食べたことがありません。

やっぱりコレもやまちゃんとこで食べるしかないね!(笑

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

上本町 やま のサービス一覧

上本町 やま