2019年10月からの消費税増税に伴い、価格が変更になっている場合があります。ご来店の際には事前に店舗へご確認ください。

プロフィール

フォトアルバム
料理長

『割烹やま』の山内です!
ぐるなびをご覧の皆様に、
少しでも『割烹やま』について知って頂こうとブログをスタートさせることにしました。
インターネットは初心者です。。。(^^;)
情報発信がんばります!
よろしくお願いします!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 海鮮しゃぶしゃぶ~ ブランドの集合体!! | メイン | デザート »

2011年2月13日 (日)

丹波産いのしし 猪

私は、丹波で育ちました。子供の頃から、丹波地鶏、丹波産のイノシシ
など普通に食べてました。そして大阪に出てきて、イノシシを食べに
連れていってもらってびっくりしました。
これが、イノシシ??マジで~ウソでしょ~
丹波産イノシシの特徴~
①肉がやわらかい~(どれほど炊いても固くならない!)
         (逆にレアーでも旨い)
②臭くない(丹波では水炊きで食べる事もしばしば)
     
③分厚く切る(大阪で食べたイノシシはしゃぶしゃぶみたいに
       薄く切ってありましたが肉が柔らかいからむしろ
       分厚い方が旨い!!)
④焼いても旨い(焼肉みたいに焼いてもとても旨いですよ)

⑤余韻が美味しい(食べた後においしかったなぁ~と思いかえす。


では丹波産イノシシがなぜ旨いか?

丹波では100キロ近いイノシシのメスのモモを食べます。

小さいと筋が入って美味しくないんです。

鍋ですのでモモが脂もほどよく旨いです。


オスは喧嘩するので身が固いのです。

肩ロースも同じ理由で固い

ボタン鍋は脂の模様と肉の色で花のボタンのようなんです。

では味噌鍋の理由は???(臭くないのに??)

これは歴史的背景からです。

実は明治まで日本は4本脚のものは一切食べなかった。

でも海の近くはそれでよかったんですが山は何を食べる??

雪の中食べるものもなく許されたのがイノシシとシカなんです。

でも肉を食べる事に抵抗があってあまり具が見えないように

八丁味噌でお鍋を食べたそうです。

お鍋で唯一八丁味噌を使う料理となったのです。

丹波の豊富な食材をしっかり食べたイノシシがマズイ訳がないですよね~

是非お試しあれ!!
         

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/569663/28703475

丹波産いのしし 猪を参照しているブログ:

コメント

丹波といえば、丹波の黒豆しか思い浮かびませんでした・・・

いのししは子供の頃に食べた記憶が・・・・

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

上本町 やま のサービス一覧

上本町 やま